ニュース

2019年12月12日

「SUPALIV(スパリブ)」累計販売数 400万個突破!大規模全国 サンプリング「飲み後、スパリブ。」キャンペーンを実施

アルコール代謝に関する特許取得サプリ「SUPALIV(スパリブ)3粒入り」50,000セットを全国のクラブ・スナック・ホテルで無料サンプリング、また忘年会幹事の方に無償提供キャンペーンを実施

SUPALIV株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社⻑:田中 翔)は、2010年11月に販売開始したアルコール代謝に関する特許取得サプリ「SUPALIV(スパリブ)」の日本国内累計販売個数が400万個 (※)を突破したことをお知らせします。

また400万個販売突破を記念して、全国のクラブ・スナック・ホテルなど全国約1,000ヶ所で「SUPALIV(スパリブ)3粒入り」50,000個を無料サンプリング、及び企業の忘年会幹事の方に「SUPALIV(スパリブ)3粒入り✕10袋」合計100セットを無償で提供します。

(※) 2012年〜2019年11月までの1回分3粒換算での販売個数。当社調べ。

「SUPALIV(スパリブ)」は、名門ワイナリー創業家のグライフェンクラウ伯爵が、日本人医師に開発を依頼して生まれたドクターズサプリメントです。2010年の発売から9年が経つロングセラー商品で、夜を十分に楽しみたいけれども翌朝が気になるという方々をサポートしてきました。

これまでの感謝の気持ちを込めて、初めての全国規模での大規模無料サンプリングを実施することとなりました。
今後もスパリブは有効性と安全性にこだわり、健康的なライフスタイルを考えている方々をサポートしていきます。

「飲み後、スパリブ。」キャンペーン内容

1、「SUPALIV(スパリブ)3粒入り」50,000個を全国のクラブ・スナック・ホテルで無料サンプリング

〈キャンペーン内容〉
全国主要7都市(札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡)のビジネスホテル、スナック・バー、クラブにて「SU
PALIV(スパリブ)3粒入り」を合計50,000個、無償配布します。
お酒を楽しむ方が利用する機会が多い施設・店舗で、製品のサンプリングを通じて、年末年始の健康的な生活をスパリブ
がサポートします。

(配布店舗)
・クラブ :東京・大阪のクラブ10ヶ所
(ELE、V2TOKYO、GIRAFFE、Ammonaなど)
・ホテル :主要7都市のビジネスホテル18ヶ所
(ホテルグレイスリー札幌、ホテルアベスト銀座京橋、プレミアホテル-CABIN-大阪、マースガーデンホテル博多など)
・スナック・バー:カラオケJOYSOUNDを導入している主要7都市のスナック・バー店舗約1,000ヶ所
※本キャンペーンは上記施設・店舗を利用される方への無償配布となります。

2、「SUPALIV(スパリブ)3粒入り✕10袋」100セットを忘年会幹事応援キャンペーン

〈キャンペーン内容〉
忘年会や新年会など飲酒の機会が増える時期に、健康意識の高い従業員、または「健康経営」に関心の高い総務関係者など、合計100団体へ「SUPALIV 3粒10袋」を無償配布します。企業の健康経営に関心が高まる昨今の社会環境において、スパリブの製品提供を通じ、従業員ひとりひとりが健康面へ配慮するきっかけを創出します。

〈応募方法〉
応募は下記専用WEBページからのみ承っております。
URL:https://supaliv.co.jp/nomiato3/
URLフォーム内のアンケート項目にご記入いただき、ご応募ください。
〈応募に際してのご注意事項〉
・応募は原則、企業や団体の関係者様のみとさせていただきます。
・キャンペーンの対象は、WEB上の特設ページからアンケートに回答頂いた団体全てが対象となります。
・抽選方法は先着順にて、応募団体多数の場合は抽選(予定数量に達し次第、キャンペーン打ち切り)とさせていただきます。
・商品発送は2019年12月初旬より順次発送して参ります。
・キャンペーン期間は、本日〜2020年1月末までとなります。
・一企業、一団体につき応募は1回のみとさせていただきます(同一の企業から応募があった際は抽選とさせていただきます)。
・当選団体の発表は賞品の発送を持ってかえさせていただきます。電話やメールでの当選結果のご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。
・キャンペーン賞品の交換・換金・返品等はできません。
・本キャンペーンは予告なく変更・中止する場合がございます。
・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。

2019年12月10日

SUPALIVが『アンチエイジング チャリティーコンサート2020』に 協賛

ロックギターのレジェンド山本恭司×シンフォニーオーケストラ、ブルース&クラシック音楽の夢の共演が実現
SUPALIV株式会社(本社:東京都渋谷区)は、2020年1月4日(土)に「ザ・シンフォニーホール」(大阪市北区)で開催される『アンチエイジング チャリティーコンサート2020』(主催:TIMA研究所株式会社)に協賛いたします。

良質な音楽に触れることは、心や体、そして脳の働きを活性化し健康⻑寿に寄与することが最新の研究でわかっています。今回オーケストラ、ミュージシャン、そしてアンチエイジングの研究者が、大阪のザ・シンフォニーホールに集い新春チャリティーコンサート&スペシャルセミナーを行います。

指揮者 守山俊吾率いるオーケストラ「シンフォニア・アルシスOSAKA」を中心に、世界で活躍するオペラ歌手、ピアニスト、ギタリスト、ベーシスト等が出演予定となっています。
また、スペシャルセミナーでは、アンチエイジング研究の世界的権威 吉川敏一先生を始め、認知症予防や健康⻑寿の実現を研究する抗老化医学の専門家によるアンチエイジングセミナーを実施します。

今回のチャリティコンサートは、老化や“体のサビ”の原因である酸化ストレスを研究し、自身もオペラ愛好家である岐阜大学 犬房春彦 特任教授により企画され、売上の一部は日本脳サプリメント学会、日本認知症予防学会に寄付されます。


【プログラム詳細】

第1部 アンチエイジングスペシャルセミナー【15:30-16:30】
アンチエイジング研究のスペシャリストによる⾳楽とアンチエイジングに関するスペシャルセミナーです。
講演予定:[酸化ストレス研究者]吉川敏⼀、[京都府⽴医科⼤学 教授]平野 滋、[岡⼭⼤学 教授]阿部康⼆、[岐⾩⼤学 特任
教授]⽝房春彦


第2部 オペラとオーケストラ【16:30-18:00】
有名オペラの歌と演奏をオーケストラで楽しんでいただきます。。

  • オペラ×オーケストラ
  • ・ピアノ(沼光絵理佳)×オーケストラ ラヴェル・ピアノ協奏曲
    出演予定:[指揮]守⼭俊吾、[管弦楽]シンフォニア・アルシスOSAKA、[ソプラノ]ヴェラ・ギルギノーヴァ、ラドスティーナ・ニコラエヴァ、[メゾソプラノ]エレーナ・チャヴダローヴァ、[テノール]ミハイル・ミハイロフ、[ソプラノ]紙⾕⼀帆、[バス・バリトン]⼭川⼤樹、[ピアノ]沼光絵理佳 他


第3部 ⼭本恭司✕オペラ歌⼿✕オーケストラ+スペシャルゲスト【18:00-19:30】
ロックギターのレジェンド⼭本恭司とオーケストラの夢の共演などをお楽しみいただきます。
出演予定:[ギター]⼭本恭司、[フラメンコギター]ICCOU、[パーカッション]チーチョ⻄野、[ベース]清⽔ 興、[ブルース歌⼿]近藤房之助、[指揮]守⼭俊吾、[管弦楽]シンフォニア・アルシスOSAKA、[ピアノ]沼光絵理佳 他


【開催概要】

日時:2020年1月4日(土) (開場)14:45(開演)15:30-(終演)19:30
場所:ザ・シンフォニーホール(〒531-0075 大阪府大阪市北区大淀南2丁目3−3)
料金:3,000円(全席自由)
※来場者全員にアルコール代謝サプリ「スパリブ10粒(1,296円)」プレゼント
定員:1,500名
主催者:TIMA研究所株式会社
〒542-0081⼤阪市中央区南船場1-9-1ワイケー南船場ビル404号
TEL 06-6261-6670 FAX06-6261-6671
協賛:TIMA Tokyo株式会社、SUPALIV株式会社
学術講演担当:岐⾩⼤学 科学研究基盤センター 共同研究講座 抗酸化研究部⾨
オーケストラ:シンフォニア・アルシスOSAKA


【チケット販売】

チケットは以下のチケットサイト、及び電話受付で販売しております。


ザ・シンフォニーホール チケット予約・購⼊サイト
https://www.symphonyhall.jp/?post_type=schedule&p=17981

チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1953481

eプラス
https://eplus.jp/sf/detail/3154030001


【出演者紹介】

[ギター] ⼭本恭司
15歳でギターを始め、18歳でヤマハ・ネム⾳楽院に⼊学。その頃より天才ギタリストとの呼び声⾼く、在学中にBOWWOWのリード・ギタリスト、リード・ヴォーカリストに抜擢される。デビュー当時はキッスやエアロスミスとのツアーが⼤きな話題を呼び、豪快で圧倒的なサウンドとギターテクニックにより常に⽇本のロック・シーンをリードしてきた。その後VOW WOWを結成しロンドンをベースにヨーロッパ、アメリカで約4年間活動、イギリスでチャートインするなど海外での評価も⾼
く、海外有名アーティストへの影響⼒も⼤きい。また、バンド活動以外にもギター・インストゥルメンタル・アルバムや東⽇本⼤震災復興⽀援チャリティーアルバム
「Inori〜Rebuilding Lives〜」のリリース、ジャズ・フュージョン系ミュージシャンとのセッション、アコースティックの弾き語りやギタリストアルバム「六弦⼼」
他アーティストのプロデュースに⾄るまでその幅広い⾳楽性を武器に世界の⾳楽シーンで活躍をしている。

[指揮] 守⼭俊吾
国際的なオペラ歌⼿とバレリーナ達の出演による「ニューイヤー祝祭コンサート」は、⼤好評を得て2019年1⽉で第4回⽬を数えた。30年来の交流を持つブルガリア国⽴ソフィア・フィルハーモニーとの共演は⾼く評価され、近年はブルガリアのスタラザゴラ歌劇場や同国⽴ソフィア歌劇場で、オペラ「椿姫」「トスカ」やバレエ「ジゼル」の指揮。昨秋には四国⼆期会によるオペラ「扇の的」ブルガリア公演を実現。⽶国フロリダ州オーランド市、ウクライナ・リヴィウ市での芸術祭にも毎年招待されている。

2019年11月12日

【ブース出展のお知らせ】『アンチエイジングフェア in Okayama 2019』にスパリブがブース出展いたします。

2019年11月16日(土)~17日(日)にイオンモール岡山で開催されるまた16日14:45〜スパリブの開発者の岐阜大学 犬房春彦 特任教授が講演します。是非ご参加ください。

https://www.antiagingfair.jp/

2019年10月23日

犬房春彦が、FLOGEN 2018において、『Geim International Innovation Award』を受賞しました。

複数のノーベル賞受賞者など世界中から様々な科学者が集うサミット SIPS2019(主催:FLOGEN Stars Outreach)が10月23日〜27日にキプロスで開催され、当研究室の特任教授 犬房春彦が登壇いたします。
https://www.flogen.org/sips2019/

昨年リオデジャネイロで開催されたSIPS2018では、犬房がGeim International Innovation Awardを受賞しました。その際の受賞動画がFLOGENより公開されましたのでご紹介します。
https://youtu.be/WLIYpJXD1lw

2019年06月25日

【一般参加可能/公開セミナー】第2回 抗酸化サミット 〜認知症と健康長寿〜(東京開催)

【東京開催】

今年で4度目となる抗酸化研究についてより知っていただくための一般公開セミナーを開催します。
東京(9/1)と大阪(8/24)の2会場で開催を予定しています。

今回の抗酸化サミットのメインテーマは、「認知症と健康長寿」

今後の高齢化の進展に伴い、政府によると2025年には認知症患者は約700万人まで増加すると予測されています。
また高齢化に伴う認知症の人への増加への対応が世界共通の課題となっていることを受け、厚生労働省や関係省庁と共同で「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」も発表され、“予防”と“共生”の観点から対策が進められています。

『健康で長生きすること(健康長寿)』は全人類の希望だと考えています。
認知症を始め、150種類以上の病気は酸化ストレスと密接な関係があることがわかっておりますので、 酸化ストレスを低減することで多くの病気の予防が可能となり、また病気の治療にも応用ができるはずです。

今回のゲストは、
認知症や脳疾患の権威である岡山大学 脳神経内科 阿部康二先生、
抗酸化物質と酸化ストレスの研究を行う岐阜大学 抗酸化研究部門 犬房春彦 先生
をお招きしています。

また司会進行は、日本のアンチエンジング研究(抗老化医学研究)の権威、吉川敏一先生にお願いしています。

認知症や抗酸化研究(抗老化医学)の“基礎”から“今後の可能性”まで、
最先端の研究者から直接話しを聞いていただける貴重な機会ですので是非ご参加ください!

【タイムテーブルと講演内容】
日時:
 2019/9/1 (日)
  13:00開場 14:00開始〜16:00終了

13:00 – 14:00
入場受付

14:00 – 14:10
開会挨拶
吉川 敏一 先生

14:10 – 14:50
講演者:阿部康二(岡山大学大学院・脳神経内科学 教授)講演題名:脳のアンチエイジングと酸化ストレス
講演要旨:2016年に発表した岡山大学認知症専門外来での病型頻度では、認知症患者1,554例中アルツハイマー病(AD)が62%とダントツ1位であり、次いで軽度認知機能障害(MCI)12%、血管性認知症(VD)9%、パーキンソン認知症(PDD)とレビー小体型認知症(DLB)が各3%、前頭側頭葉型認知症(FTD)3%となっている。
近年、高血圧や高脂血症(脂質異常症)、糖尿病などの生活習慣病は、ADの重要な危険因子でもあることが解明されて来たが、特に超高齢者においては脳血管病変とAD病理が共存することが普遍的でさえあることが明らかにされ、新たな視点からの研究が始まりつつある。
エダラボンのような抗酸化医薬品やTwendeeXのような抗酸化サプリメントは、脳血管と脳細胞双方に効果をもたらし、超高齢社会における脳のアンチエイジング(脳卒中予防と認知症予防)に役立つ可能性がある。「脳血管と認知症の関係」の病態解明が根本治療薬ならびにサプリメントの可能性も含めた予防対策への展望を開くものと期待される。

10分休憩

15:00 – 15:40
講演者:犬房春彦(岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門 部門長 特任教授)講演題名:寿命と酸化ストレス
講演要旨:酸化ストレスは生物の寿命と深い関連があります。そして酸化ストレスは癌、認知症、高血圧などの150種類以上の疾患を引き起こしたり、その病状に関わってきます。酸化ストレスを下げる事で健康長寿を目指す食生活と運動についてお話します。

10分休憩

15:50 – 16:30
公開Q&A、出演者ディスカッション

16:30 –
閉会挨拶、終了

講演者:
 犬房春彦 (岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授)
 阿部康二 (岡山大学 脳神経内科 教授/日本認知症予防学会 副理事長)
司会進行:
 吉川敏一 (ルイ・パスツール医学研究所理事長/日本酸化ストレス学会 名誉理事長/抗加齢医学学会 名誉理事長)

会場住所:
 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
 東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール

参加費:1,000円

申込方法:
ご参加希望の方はpeatixよりお申し込みください。

定員:250名
※先着順となります。

主催:
SUPALIV株式会社
協力:
岐阜大学 抗酸化研究部門
〒501-1194 岐阜市柳戸1-1 医学部棟7階7S33
http://www.antioxidantres.jp
お申し込みはこちら
https://peatix.com/event/724628/view

2019年06月25日

【一般参加可能/公開セミナー】第2回 抗酸化サミット 〜認知症と健康長寿〜(大阪開催)

【大阪開催】

今年で4度目となる抗酸化研究についてより知っていただくための一般公開セミナーを開催します。
東京(9/1)と大阪(8/24)の2会場で開催を予定しています。

今回の抗酸化サミットのメインテーマは、「認知症と健康長寿」

今後の高齢化の進展に伴い、政府によると2025年には認知症患者は約700万人まで増加すると予測されています。
また高齢化に伴う認知症の人への増加への対応が世界共通の課題となっていることを受け、厚生労働省や関係省庁と共同で「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」も発表され、“予防”と“共生”の観点から対策が進められています。

『健康で長生きすること(健康長寿)』は全人類の希望だと考えています。
認知症を始め、150種類以上の病気は酸化ストレスと密接な関係があることがわかっておりますので、 酸化ストレスを低減することで多くの病気の予防が可能となり、また病気の治療にも応用ができるはずです。

今回のゲストは、
認知症や脳疾患の権威である岡山大学 脳神経内科 阿部康二先生、
抗酸化物質と酸化ストレスの研究を行う岐阜大学 抗酸化研究部門 犬房春彦 先生
をお招きしています。

また司会進行は、日本のアンチエンジング研究(抗老化医学研究)の権威、吉川敏一先生にお願いしています。

認知症や抗酸化研究(抗老化医学)の“基礎”から“今後の可能性”まで、
最先端の研究者から直接話しを聞いていただける貴重な機会ですので是非ご参加ください!

【タイムテーブルと講演内容】
日時:
 2019/08/24 (土)
  13:00開場 14:00開始〜16:00終了

13:00 – 14:00
入場受付

14:00 – 14:10
開会挨拶
吉川 敏一 先生

14:10 – 14:50
講演者:阿部康二(岡山大学大学院・脳神経内科学 教授)講演題名:脳のアンチエイジングと酸化ストレス
講演要旨:2016年に発表した岡山大学認知症専門外来での病型頻度では、認知症患者1,554例中アルツハイマー病(AD)が62%とダントツ1位であり、次いで軽度認知機能障害(MCI)12%、血管性認知症(VD)9%、パーキンソン認知症(PDD)とレビー小体型認知症(DLB)が各3%、前頭側頭葉型認知症(FTD)3%となっている。
近年、高血圧や高脂血症(脂質異常症)、糖尿病などの生活習慣病は、ADの重要な危険因子でもあることが解明されて来たが、特に超高齢者においては脳血管病変とAD病理が共存することが普遍的でさえあることが明らかにされ、新たな視点からの研究が始まりつつある。
エダラボンのような抗酸化医薬品やTwendeeXのような抗酸化サプリメントは、脳血管と脳細胞双方に効果をもたらし、超高齢社会における脳のアンチエイジング(脳卒中予防と認知症予防)に役立つ可能性がある。「脳血管と認知症の関係」の病態解明が根本治療薬ならびにサプリメントの可能性も含めた予防対策への展望を開くものと期待される。

10分休憩

15:00 – 15:40
講演者:犬房春彦(岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門 部門長 特任教授)講演題名:寿命と酸化ストレス
講演要旨:酸化ストレスは生物の寿命と深い関連があります。そして酸化ストレスは癌、認知症、高血圧などの150種類以上の疾患を引き起こしたり、その病状に関わってきます。酸化ストレスを下げる事で健康長寿を目指す食生活と運動についてお話します。

10分休憩

15:50 – 16:30
公開Q&A、出演者ディスカッション

16:30 –
閉会挨拶、終了

講演者:
 犬房春彦 (岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授)
 阿部康二 (岡山大学 脳神経内科 教授/日本認知症予防学会 副理事長)
司会進行:
 吉川敏一 (ルイ・パスツール医学研究所理事長/日本酸化ストレス学会 名誉理事長/抗加齢医学学会 名誉理事長)

会場住所:
 大阪市中央区大手前3丁目1−69大阪国際がんセンター

参加費:1,000円

定員:250名
※先着順となります。

主催:
SUPALIV株式会社
協力:
岐阜大学 抗酸化研究部門
〒501-1194 岐阜市柳戸1-1 医学部棟7階7S33
http://www.antioxidantres.jp

申込は以下よりお願いします。
https://peatix.com/event/701656/view

2018年11月06日

【2019年1月12日開催】 抗酸化研究公開シンポジウム@京都府立医科大学のご案内

岐阜大学 抗酸化研究部門主催の抗酸化研究(抗老化医学)の公開シンポジウムを開催します。

『健康で長生きすること』は全人類の希望だと考えています。また現在では150種類以上の病気は酸化ストレスと密接な関係があることがわかっておりますので、 酸化ストレスを低減することで多くの病気の予防が可能となり、また病気の治療にも応用ができるはずです。

岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授の犬房春彦と、耳鼻科疾患の専門家である京都府立医大の平野滋教授による講演となります。

抗酸化研究(抗老化医学)の“基礎”から“今後の可能性”まで、一般の方々を対象にわかりやすい内容で実施する予定ですので“健康長寿”に関心のある方や“耳鼻科疾患”でお悩みの方は是非ご参加ください!

また会場は京都府立医大の図書館ホールで100名規模で開催を予定しています。
一般の方々に初めての関西での開催となります。
他にはない機会ですので是非お早めにご参加ください。

【開催概要】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タイトル:
『抗酸化研究と健康長寿、耳鼻科疾患』

日時:
2019年1月12日土曜日 午後14:00-16:00

場所:
京都府立医科大学附属図書館
京都市上京区 清和院町口東入中御霊410

講演者:
犬房春彦 (岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門 特任教授)
平野滋 (京都府立医大 耳鼻科 教授)

定員:100名

参加費:1,000円
お申し込みはこちら
​https://antioxidant.peatix.com/view

主催:
岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門
〒501-1194 岐阜市柳戸1-1 医学部棟7階7S33
http://www.antioxidantres.jp

【タイムテーブルと講演内容】
13:30 – 14:00
入場受付

14:00 – 14:30
講演者:犬房春彦(岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門 部門長 特任教授)講演題名:寿命と酸化ストレス
講演要旨:酸化ストレスは生物の寿命と深い関連があります。そして酸化ストレスは癌、認知症、高血圧などの150種類以上の疾患を引き起こしたり、その病状に関わってきます。酸化ストレスを下げる事で健康長寿を目指す食生活と運動についてお話します。

14:30 – 14:40
休憩

14:40 – 15:10
講演者:平野 滋(京都府立医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室 教授)
講演題名:耳鼻科疾患と酸化ストレス
講演要旨:耳鼻咽喉科領域は外界と接する部分が多く、環境因子的にも酸化ストレスを受けやすい場所です。
最近では音声・嚥下機能の障害や加齢、副鼻腔炎、難聴などへの酸化ストレスの関与が注目されてきており、臨床・研究の状況について発表いたします。

15:10 – 15:20
休憩

15:20 – 15:50
質疑応答

【講演者について】
①犬房春彦(Haruhiko Inufusa)
岐阜大学 生命科学研究支援センター 抗酸化研究部門 部門長 特任教授

(経歴)1957年、岡山県出身
近畿大学医学部卒業後、近畿大学 医学部大学院外科学系専攻 修了(近畿大学博士(医学))
その後、近畿大学医学部臨床医学部門 教授、ストラスブール大学欧州テレサージェリー研究所 客員教授、
スペインバルセロナ大学外科学教室 客員教授などを歴任し、2013年から現職。
アンチエイジングサプリメント『Twendee X(トゥエンディエックス)』、アルコール代謝サプリメント『SUPALIV(スパリブ)』を開発。

②平野 滋(Shigeru Hirano)
京都府立医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室 教授

(経歴)1964年福岡県出身。1990年京都大学医学部卒業、1998年京都大学医学部大学院修了。
京都医療センター気管食道科医長、京都大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室准教授などを歴任し、2016年から現職。

お申し込みはこちら
https://antioxidant.peatix.com/view

2018年06月14日

【9月1日開催】 第1回健康長寿と抗酸化サミット@東京大学のご案内

各位

この度、岐阜大学ライフサイエンスリサーチセンター抗酸化研究部門主催の抗酸化研究(抗老化医学)をテーマにしたセミナーを開催する運びとなりました。

今年で3度目となる抗酸化研究に関する公開シンポジウムですが、今回は日本のアンチエイジング研究の第一人者である日本酸化ストレス学会 名誉理事長の吉川敏一先生を始め、脳や呼吸器などの国内有数の研究者が最先端の医療事情についてお話いただく予定です。

つきましては、下記のとおり実施しますので、ご多忙の時期とは存じますが、是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。

また会場は東京大学の伊藤謝恩ホールで300名規模で開催を予定しています。
参加費は、3,000円となります。
ご興味いただけましたらお早めに以下のリンクよりお申し込みください。
http://peatix.com/event/386665

あくまでも対象は一般の方々となりますので
身近に感じていただける内容で実施する予定です。

それではお会いするのを楽しみにしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開催概要】
タイトル:
第1回健康長寿と抗酸化サミット

日時:
2018年9月1日土曜日 午後13-17時

場所:
東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール
〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3-1

参加者(予定):
吉川敏一 (ルイ・パスツール医学研究所理事長/日本酸化ストレス学会 名誉理事長)
局博一 (東京大学 名誉教授)
阿部康二 (岡山大学 脳神経内科 教授/日本認知症予防学会 大会長)
平野滋 (京都府立医大 耳鼻科 教授)

司会進行:
犬房 春彦
岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門 特任教授
日本認知症予防学会エビデンス創出委員会実行委員、日本消化器病学会評議員(東海地区)、日本内視鏡外科学会評議員

内容:
開会挨拶:犬房
1.酸化ストレスの基礎 吉川
2.酸化ストレスと自律神経、呼吸器 局
3.脳神経疾患と酸化ストレス 阿部
4.寿命と酸化ストレス 犬房
5.耳鼻科疾患と酸化ストレス 平野
ディスカッション、質疑応答 吉川、局、阿部、平野、犬房
閉会挨拶:吉川

主催:
岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門
〒501-1194 岐阜市柳戸1-1 医学部棟7階7S33

申込は以下よりお願いします。
http://peatix.com/event/386665

2018年04月02日

『スパリブ(SUPALIV)』ブランドサイトオープンしました。

『スパリブ(SUPALIV)』ブランドサイトオープンしました。