ABOUT

BRAND CONCEPT ブランドコンセプト

楽しく飲んで翌朝スッキリ!

アルコール代謝サプリ『SUPALIV(スパリブ)』。
岐阜大学で研究開発した世界特許取得のドクターズサプリメント。
全国のコンビニ、ドラックストアで累計300万個販売突破。

BRAND HISTORYブランドヒストリー

2003

カール大帝の時代から続くグライフェンクラウ伯爵家という有名なワイナリーで行われた収穫祭でのこと。ある日本人のご婦人が収穫祭の主催者であるマーカス・マチューシカ・グライフェンクラウ伯爵に『ワインが好きですが、体質的にすぐに酔ってしまいます。』と相談しました。
マチューシカ氏は、アジア人は遺伝子的にお酒に弱い人が多いことを知っていましたが、これを解決できるサプリメントができないかと考案し、友人の日本人医師で当時近畿大学教授の犬房春彦に相談しました。

2004

マチューシカ氏が理事長を務める医療財団TIMA財団(スイス)の資金援助を受けて、犬房はアルコールの代謝促進やアルコール健康被害に関する研究が本格的に開始。その後、「SUPALIV」のプロトタイプが完成しました。

2006〜2009

犬房春彦は「SUPALIV」並びにエイジングケアサプリ「Twendee X」に関する研究開発に集中する為、2006年に近畿大学を退職して2007年よりTIMA Japan株式会社代表取締役(現在は取締役)に就任。

有効性確認の為のヒト臨床試験、安全性を確認するための安全性試験などを第三者機関にて実施し、実証データを取得。その研究結果を元に世界各国で特許の申請・取得を開始しました。
TIMA財団で多くの特許を取得できたことから、日本国内での「SUPALIV(スパリブ)」の製造・販売を行う専門会社TIMA Japan株式会社(旧社名ブルックフィールドメディカル株式会社)を設立しました。

2010

構想から7年の時を経て、アルコール代謝サプリ「SUPALIV(スパリブ)」を正式に製品化。TIMA Japan株式会社より販売を開始。

2013

当時ほとんど販売実績がなく全く無名だった「SUPALIV(スパリブ)」の商品力を説明を受けたFamilyMartの取締役(当時)が一部地域でのテスト販売の後、異例の全国採用を決定。
全国のFamilyMartで販売を開始しました。
またアートディレクター北川一成氏によるパッケージデザインにリニューアルしました。

2013

開発者の犬房春彦が、さらなる研究開発を目的に岐阜大学 生命科学総合研究支援センター 抗酸化研究部門の部門長(特任教授)に就任。また2014年より、これまでの研究成果について日本抗加齢医学会、日本機能性食品医用学会等の学会発表を開始しました。

2015

取得済みの国際特許が、日本国でも公開されました。「アルコール代謝を和らげる、およびアルコール誘発性疾患のリスクを減少させるための組成物」(日本国特許庁 特許第5785581号)
FamilyMartでの販売実績が各種メディアで話題になり、サークルKサンクス、マツモトキヨシ、ドン・キホーテなどで採用が決定。

現在

コンビニ、ドラックストア、オンライン通販などで累計300万個の販売を突破。
またEXILE HIROさんプロデュースの「PKCZ」とタイアップパッケージも販売開始。

BRAND LOGOブランドロゴ

『スパリブ』のパッケージには、遠くカール大帝の時代よりワイン作りを営んでいるグライフェンクラウ伯爵家の紋章が描かれています。

その理由は、TIMA財団 現理事長でグライフェンクラウ伯爵家の当主でもあるマーカス・マテューシュカ氏の発案により『スパリブ』の 研究開発が始まったためです。

BRAND PRODUCER商品開発者

犬房 春彦HARUHIKO INUHUSA

日本の医師、医学者。学位は医学博士。
岐阜大学生命科学研究支援センター 抗酸化研究部門 部門長 特任教授。TIMA Japan株式会社 取締役、SUPALIV株式会社 監査役、日本認知症予防学会エビデンス創出委員会実行委員、日本消化器病学会評議員(東海地区)、日本内視鏡外科学会評議員

アルコール代謝サプリメント『SUPALIV』、アンチエイジングサプリメント『Twendee X』を開発。

INTERVIEW